<きょうの個別材料>光ビジ、セグエ、メディアS、トップカルチなど(7日発表分)

株式

2022/12/8 7:48

▽光ビジ<3948.T>、22年12月期の単体業績予想を上方修正、期末一括配当予想を従来の45円から50円(前期実績35円)に増額

▽セグエ<3968.T>、22年12月期の期末一括配当予想を従来の16円から18円(前期実績16円)に引き上げ

▽メディアS<4824.T>、23年7月期第1四半期(22年8-10月)の連結決算は大幅な減益に

▽トップカルチ<7640.T>、22年10月期の連結業績予想を下方修正

▽鳥貴族HD<3193.T>、11月の既存店売上高は前年同月比21.8%増(全店売上高は同24.5%増)に

▽MrMaxH<8203.T>、11月の既存店売上は前年同月比1.4%増。8月に開始したNB(ナショナルブランド)商品2000品目の値下げ企画が好調続く

▽アイル<3854.T>、23年7月期第1四半期の連結営業利益は7.3億円(前年同期の2.2倍)

▽ナデックス<7435.T>、23年4月期上期の連結営業利益は10.1億円(前年同期比53.0%増)。従来予想を2.1億円上ブレ

▽トランスG<2342.T>、23年3月期の期末一括配当の見通しを修正。上場20周年の記念配当2円を実施し、配当金を従来計画の3円から5円(普通配当は3円)とした。前期実績は特別配当3円を含む6円

▽サトウ食品<2923.T>、23年4月期上期の連結営業利益は7億円(前年同期比9.0%増)に

▽シュッピン<3179.T>、11月の月次売上高は前年同月比4.8%増、EC売上高は同20.4%増。11月発売の新製品やマーケティングの効果もあり主軸のカメラ事業が好調

▽EduLab<4427.T>、過去の連結決算の訂正に関連し、東京証券取引所に「改善状況報告書」を提出

▽日立<6501.T>、12月14日に普通株式3048万8800株(発行済み株式数の3.15%)を消却

▽ハウテレビ<7064.T>、23年1月期第3四半期累計の連結営業利益は2.6億円(前年同期は0.3億円の赤字)

▽カーチスHD<7602.T>、連結子会社のアガスタがマーケットエンター<3135.T>と業務提携し、中古農機具の取り扱いを開始

▽楽天地<8842.T>、23年1月期第3四半期累計の連結営業利益は8.2億円。また、期末配当予想を30円から70円(普通配当、創立記念配当、特別配当含む)に引き上げ、年間配当予想は100円(前期実績は60円)とした

▽丹青社<9743.T>、23年1月期の連結営業利益の見通しを従来計画の25億円から2億円(前期比90.1%減)に下方修正。設備投資の抑制や出店計画の中止・延期などに影響を受ける

▽主な月次発表=アサンテ<6073.T>、イルグルム<3690.T>、ワンダープラ<4199.T>、カクヤスG<7686.T>、オートバック<9832.T>、▽買取王国<3181.T>、一家HD<7127.T>、ライフネット<7157.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ