マザーズ指数が反落、EDPなど売られる=新興市場・4日

 マザーズ指数が反落。米国株安や為替の円高を背景に東京市場全般が大幅安の発会となっており、グロース市場も投資家心理悪化の影響を強く受けている。FIXER(5129)、EDP(7794)、M&A総研(9・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ