<きょうの材料と有力銘柄>米CPI鈍化で円高進行

 米12月CPI(消費者物価指数)の上昇率が前年同月比6.5%(前月は7.1%)に鈍化したことを受けて、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げペースがさらに減速するとの見方から外国為替市場で円相場が急・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ