インフラ関連、出番――老朽化対策やリニア新幹線で脚光

トップ記事

2023/1/16 17:25

 少子化や防衛に比類する国の課題が交通インフラだ。コンクリート構造物の耐用寿命とされる50年を経過する設備の比率は、10年後に橋りょうで6割強トンネルで4割強に達する。首都高速道路では3000億円の事・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ