16日のPTS注目ポイント=BeeX、メディアドゥ、バロックなど

株式

PTS

2023/1/16 16:18

▽東洋合成<4970.T>、千葉工場(千葉県香取郡東庄町)の第4感光材工場の製造設備を増設。先端半導体向け材料の生産能力は2022年3月期比で最大1.8倍の規模となる。

▽BeeX<4270.T>、23年2月期の営業利益予想(単体)を2.8億円から3.4億円(前期比23%増)に引き上げた。クラウドライセンスリセールの売上が好調。

▽メディアドゥ<3678.T>、23年2月期の連結営業利益予想を20億円から22.5億円(前期比20%減)に増額。

▽Mフォワード<3994.T>、23年11月期の連結業績予想は機動的に投資を実行するため、開示しない方針。一方、第1四半期の営業赤字予想は25.7億円-20.7億円とした。前期の営業赤字は84.7億円(前々期は10.6億円の赤字)。

▽バロック<3548.T>、23年2月期の連結営業利益予想を32.5億円から17.8億円(前期比35%減)に引き下げた。

▽テイツー<7610.T>、23年2月期第3四半期累計の連結営業利益は12.6億円(前年同期比46%増)。新品・中古トレーディングカードの売上が拡大。

▽DNA研<2397.T>、肺がんコンパクトパネルDxマルチコンパニオン診断システム」の医療機器プログラムの保険適用申請を発表。

▽サムティ<3244.T>、22年11月期決算発表の延期と特別調査委員会の設置を発表。過年度決算における会計上の連結対象範囲の判断等についての疑義が判明。

▽東亜道<1882.T>、3月31日を基準日とした1対2の株式分割を発表。

▽主な決算発表=MrMaxH<8203.T>、くろがね工<7997.T>、CSランバー<7808.T>、ELEMEN<5246.T>、note<5243.T>、テラスカイ<3915.T>、ホギメディ<3593.T>、PCNET<3021.T>、ベースフード<2936.T>、日本国土開発<1887.T>、サイバーS<3810.T>、大庄<9979.T>、WHYHD<3823.T>、古野電<6814.T>、ブロンコB<3091.T>

▽主な月次発表=ベルーナ<9997.T>、トーホー<8142.T>、テラプロ<6627.T>、エイジス<4659.T>、イオンファン<4343.T>、オロ<3983.T>、ファンコミ<2461.T>、高島屋<8233.T>、アルー<7043.T>、Sアリス<2305.T>、フレアス<7062.T>、ライトアップ<6580.T>、アスモ<2654.T>

▽主な業績・配当予想の修正=マーキュリー<5025.T>、北川精機<6327.T>、ALiNK<7077.T>

*午後4時00分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ