(再送)イードが4日続伸、カブスルの完全子会社化を材料視

株式

2023/1/25 15:34

 イード<6038.T>が4日続伸し、一時16円高の902円を付けた。24日引け後、3月13日(予定)を効力発生日として、同社を株式交換完全親会社、カブスル(北海道札幌市)を株式交換完全子会社とする株式交換契約および、吸収合併する契約を締結したと発表、材料視された。

 同社では、株式交換後、3月14日を効力発生日としてカブスルを吸収合併する。カブスルは、投資関連のデジタルメディアを複数展開。イードでは今回の一連の手続きにより、運営体制の共通化、ユーザーの相互送客などによるシナジー効果やコンテンツ拡充が期待でき、事業全体の成長に寄与するとしている。

 25日の終値は、前日比16円高の902円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ