パール顔料メーカーの環球新材国際HD、22年12月期通期は販売好調で純利益が約35%増に

サーチナ

中国株

2023/1/26 9:14

 中国のパール顔料メーカー、環球新材国際HD(06616/香港)が1月20日、2022年12月期通期の業績予告を発表し、純利益が2億2000万人民元に達する見込みであることを明らかにした。

 業績予告によれば、22年12月期通期の上場会社株主に帰属する純利益は約2億2000万元で、前期の1億6200万元から約35.8%増加する見込みだ。純利益が増加した要因について同社は、パール顔料製品の販売価格と販売量がともに増加して売上と売上総利益が上昇したこと、研究開発と技術イノベーションの成果により製品ラインナップや製品の品質向上するとともに、新製品の開発に成功したことを挙げている。

 同社は広西七色珠光効応材料有限公司として11年に設立、18年に持株会社化して環球新材国際HDが設立された。21年7月に香港メインボードに上場。「七色珠光」ブランドでパール顔料、人工合成雲母、新エネルギー材料、無機非金属素材などの研究開発、生産、販売を手掛けている。製品は塗料、自動車用塗装、化粧品、航空宇宙、軍需工業、船舶、プラスチック、インク、セラミック、皮革、建材、3Dプリント、偽造防止技術、種子のコーティングなど幅広い分野に用いられ、中国国内のほかに世界30カ国・地域で販売されている。

 21年12月期の売上高は6億6972万元(前期比17.68%増)、純利益は1億6911万元(同10.63%増)。22年1〜6月期の売上高は3億8204万元(前年同期比24.43%増)、純利益は1億1077万元(同12.83%増)。(編集担当:今関忠馬)(写真:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ