<31日の動意株>住友化、海外アルミニウム事業2社を売却

株式

2024/6/3 7:34

 住友化<4005.T>は31日、同社が保有するニュージーランドのニュージーランド・アルミニウム・スメルター社(同社持分比率20.64%)および、オーストラリアのボイン・スメルター社(同2.46%)の全株式を、両合弁事業のパートナーであるリオ・ティント社に売却することを決定したと発表した。

 今後、関連当局の承認などの必要な手続きを経て、売却が完了する予定。同社では2社の株式保有は、同社として、主にアルミニウム地金を輸入、販売するためのものだが、同事業は国際アルミ市況の影響を強く受け、同社にとっては損益面でのボラティリティが大きいことなどを踏まえ、売却を決定した。今回の売却は、構造改革に向けた事業ポートフォリオの見直しの一環としている。

 31日の終値は、前日比3.8円高の322.3円。

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ