(再送)日経平均258円安、様子見姿勢が強まりプライム売買代金は今年2番目の少なさ=12日後場

 12日後場は日経平均株価が、前日比258円08銭安の3万8876円71銭と3日ぶりに反落、TOPIX(東証株価指数)が同20.36ポイント安の2756.44ポイントと続落して取引を終えた。朝方から売りが先行し、日経平均は午前10時46分に、同325円43銭安の3万8809円36銭を付けた。その後は、現地12日まで行われるFOMC(米連邦公開市場委員会)や、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長会見を控え、様子見姿勢が強まり、後場の値幅は80円弱にとどまった。東証プライム市場の出来高は15億127万株。売買代金は3兆3653億円にとどまり10日(3兆3195億円)に次ぐ、今年2番目の少なさとなった。騰落銘柄数は値上がり619銘柄、値下がりが954銘柄、変わらずは73銘柄だった。

 業種別では、全33業種のうち31業種が下落、2業種が上昇した。王子HD<3861.T>、日本紙<3863.T>などのパルプ紙株や、大和証G<8601.T>、野村<8604.T>などの証券商品先物株が下落。郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>などの海運株や、三井不<8801.T>、菱地所<8802.T>などの不動産株も安い。テルモ<4543.T>、HOYA<7741.T>などの精密機器株や、楽天グループ<4755.T>、リクルートH<6098.T>などのサービス株も軟調。武田薬<4502.T>、第一三共<4568.T>などの医薬品や、JR東日本<9020.T>、JR東海<9022.T>などの陸運株も弱かった。一方、出光興産<5019.T>、ENEOS<5020.T>などの石油石炭製品株や、日鉄鉱<1515.T>、INPEX<1605.T>などの鉱業株が上昇した。

 個別では、FPパートナ<7388.T>、東宝<9602.T>、K&Oエナジ<1663.T>、アインHD<9627.T>、物語コーポ<3097.T>などが下落。半面、MDV<3902.T>、ラクスル<4384.T>、保土谷化<4112.T>、ワコールHD<3591.T>、フジコーポ<7605.T>などが高い。

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ