<米国株情報>オラクル、スペインにクラウドリージョン建設へ―10年で10億ドル超投じる

株式

2024/6/21 10:12

 業務用ソフト大手オラクル<ORCL>は20日、スペインの首都マドリードに同社としては3番目となるクラウドリージョン(データセンター設置エリア)を建設すると明らかにした。今後10年間で10億ドル(約1590億円)超を投じ、スペインでAI(人工知能)活用のクラウドサービス事業を強化する。

 スペインの金融機関や一般企業の顧客が自社のワークロードをAI活用のオラクル・クラウド・インフラストラクチャに移行させることで、オラクルクラウドの高機能と強力なデータ分析、高度なセキュリティ、分散クラウド機能、AIなどの最新のデジタル技術を利用できるようにする。

 オラクルは今回のクラウドリージョンの建設にあたり、スペイン通信大手テレフォニカ・エスパーニャと提携する予定。

 オラクルのスペイン部門の統括責任者であるアルバート・トリオラ氏は、「スペインの中小企業や金融サービスを含むさまざまな企業によるクラウドテクノロジーの導入を加速させ、ビジネス業務のパフォーマンスを高めるのを支援していく」と述べている。

 オラクルでは「Gen2」(テキストや画像から動画を生成するAIモデル)を導入したクラウド・インフラストラクチャー事業が急成長している。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ