日経平均36円安、前日終値近辺で方向感に欠ける展開=21日後場

 21日後場は日経平均株価が、前日比36円55銭安の3万8596円47銭と4日ぶりに反落。TOPIX(東証株価指数)が同0.85ポイント安の2724.69ポイントと続落して取引を終えた。日経平均は、序盤に上げ幅を160円超に広げたものの失速。手がかり材料に乏しいなか、週末要因もあり方向感に欠ける展開で、午後零時44分には、同100円89銭安の3万8532円13銭を付けた。その後は、積極的な売買は売買は限られ、前日の終値近辺での値動きとなる時間帯が長かった。東証プライム市場の出来高は20億4499万株、売買代金は5兆2859億円。騰落銘柄数は値上がりが672銘柄、値下がりは919銘柄、変わらずは55銘柄だった。

 業種別では、全33業種のうち18業種が下落、15業種が上昇した。日新<9066.T>、上組<9364.T>などの倉庫運輸株や、中部電<9502.T>、関西電<9503.T>などの電気・ガス株が下落。三井不<8801.T>、住友不<8830.T>などの不動産株や、住友大阪<5232.T>、太平洋セメ<5233.T>などのガラス土石株も安い。日立<6501.T>、アドバンテス<6857.T>などの電気機器株や、トヨタ<7203.T>、ホンダ<7267.T>などの輸送用機器株も軟調。浜ゴム<5101.T>、ブリヂス<5108.T>などのゴム製品株や、三井物<8031.T>、住友商<8053.T>などの卸売株も弱かった。一方、郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>などの海運株や、第一生命HD<8750.T>、東京海上<8766.T>などの保険株が高い。

 個別では、オーケストラ<6533.T>、YACHD<6298.T>、ローツェ<6323.T>、霞ヶ関キャピ<3498.T>、SHIFT<3697.T>などが下落。半面、CYBOZU<4776.T>、ユニチカ<3103.T>、富士急<9010.T>、MSOL<7033.T>、IHI<7013.T>などが上昇した。

(写真:123RF)

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ