日経平均は501円程度高、採用銘柄の値上がり率上位にフジクラ、レゾナック、古河電工など

国内市況

株式

2024/7/9 11:03

 9日午前11時すぎの日経平均株価は、前日比501円程度高い4万1282円前後で推移する。朝方から買いが先行し、株価指数先物に断続的な買いが入ったことをきっかけに上げ幅を拡大した。午前10時54分には同585円35銭高の4万1366円05銭を付けるなど、高値圏での推移が続いている。

 日経平均採用銘柄では、値上がり率上位に、フジクラ<5803.T>、レゾナック<4004.T>、古河電工<5801.T>、日立<6501.T>、東エレク<8035.T>がランクイン。値下がり率の上位には、デンカ<4061.T>、浜ゴム<5101.T>、マツダ<7261.T>、川崎汽<9107.T>、日立建機<6305.T>が入っている。

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ