今晩のNY株の読み筋=パウエルFRB議長による議会証言に注目

株式

2024/7/9 17:03

 9日の米国株式市場は、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長による半期に一度の議会証言が注目となる。前週のECB(欧州中央銀行)主催のECBフォーラムでは「ディスインフレの道に戻った」と述べ、ややハト派寄りと受け止められた。前週末の米6月雇用統計など足元では労働需給の緩和が意識される経済指標が目立っており、改めてハト派寄りの発言でも聞かれれば株式市場にとってはプラスとみる。ただ、パウエルFRB議長ほ発言と併せて、週後半には米6月CPI(消費者物価指数)やPPI(生産者物価指数)の発表を控えているため、これを見極めたいとのムードも強まりそうだ。

<主な米経済指標・イベント>

・パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が米上院で議会証言

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ