イード、「バーチャルキー」が種子島のレンタカーサービスに採用されサービス開始

株式

2024/7/10 15:57

 イード<6038.T>は9日、同社とジゴワッツ(東京都中央区)と共同でビジネス開発するスマホがクルマの鍵になる後付型自動車用スマートロック「バーチャルキー」について、kind(大阪府東大阪市)が種子島で提供するレンタカーサービス「エブリタイムレンタカー」に採用され、サービスを開始したと発表した。

 同サービスは、スマートフォンに専用アプリをダウンロードし会員登録すれば車の予約ができ、24時間非対面・非接触で、いつでも貸出・返却が可能。鍵の解錠・施錠、エンジンの始動から決済までスマートフォンで完結する。

 10日の終値は、前日比14円高の809円。

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ