<相場の読み筋>7月11日

2024/7/11 7:45

 10日の米国株式は、NYダウが前日比429.39ドル高の3万9721.36ドルと3日ぶりに反発、ナスダック総合指数は同218.157ポイント高の1万8647.448ポイントと7日続伸して取引を終了。出来高概算は、NY市場が8億798万株、ナスダック市場が49億4218万株だった。ナスダック総合指数は7日続けて史上最高値を更新した。パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は前日の上院に続き下院の議会証言で、労働市場の過熱感が低下していると指摘。前日の上院に続き、利下げ時期への言及はなかったが、利下げへの期待感が相場を支える格好となった。NYダウ採用銘柄では、ホーム・デポやトラベラーズ、3M(スリーエム)などが、値上がり率の上位に入っている。

 11日の東京株式は、続伸後も堅調な展開か。日経平均株価は、きのう10日に連日で終値ベースの史上最高値を更新。現地10日の米国株式市場では、NYダウが反発し、ナスダック総合指数とSOX(フィラデルフィア半導体株)指数が、史上最高値を更新した。上昇は半導体関連株がけん引する格好となっていることから、東京市場でも半導体関連株を中心に物色され、上値を試す場面がありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=161円台の半ば(10日は161円49-51銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=175円前後(同174円67-71銭)とやや円安方向にある。10日のADR(米国預託証券)は円換算値で、日本製鉄<5401.T>、アドバンテス<6857.T>、東エレク<8035.T>などが、10日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、10日の大阪取引所清算値比530円高の4万2470円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ