11日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、161円台半ばを軸にもみ合いか

為替

2024/7/11 8:40

ドル・円予想レンジ:1ドル=161円00銭-162円00銭

 11日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=161円台半ばを軸にもみ合いか。前日の米国時間は主要国の株高を受けてリスクオンのドル買い・円売りが優勢となり、161円80銭台まで上昇する場面があったが、その後は日本の通貨当局による為替介入への警戒感も高まり、上げ幅を縮小した。前日の海外株高を受けてきょうの日本株も堅調推移となれば、東京時間もドル・円は底堅い展開が予想されるが、為替介入への警戒感から上値は限定的か。米6月CPI(消費者物価指数)の発表も控えており、売り買い一巡後は様子見ムードも強まりそうだ。

<主な経済指標・イベント>

国内:6月企業物価指数、債券市場参加者会合

アジア太平洋:中国6月CPI(消費者物価指数)、中国6月PPI(生産者物価指数)、ニュージーランド中銀が政策金利を発表

北米:パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が米下院で議会証言、米10年債入札

その他:ノルウェー6月CPI、ロシア6月CPI

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:ウエルスアドバイザー社

関連記事

マーケット情報

▲ページTOPへ