日経平均は96円高、構成銘柄ではオリンパス、DeNA、中外薬などが値上がり率上位

国内市況

株式

2019/9/20 11:04

 20日午前11時時点の日経平均株価は前日比96円86銭高の2万2141円31銭。19日の米国株式は高安まちまちながら、買い戻しの流れが続くとともに、9月末の配当権利取りの動きも支えとなり、一時2万2204円75銭(前日比160円30銭高)まで上昇した。その後は、3連休を控えていることもあり、利益確定売りに伸び悩んでいる。

 日経平均構成銘柄では、オリンパス<7733.T>、DeNA<2432.T>、中外薬<4519.T>などが値上がり率上位。半面、ヤマトHD<9064.T>、ファナック<6954.T>、いすゞ<7202.T>などが値下がり率上位。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ