<きょうの材料と有力銘柄>河川浸水想定の更新急務、日基礎、技研製などに思惑も

株式

2019/11/14 8:42

 洪水被害を予測し地図化した「洪水ハザードマップ」について、都道府県が管理する全1600河川の2割強で法律の定める浸水想定の最大リスクを反映していないことが判明したと伝わった。台風などによる豪雨被害が・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ