明日の日本株の読み筋=強弱感対立か、高値警戒が尾を引く可能性も押し目買い意欲は根強い

国内市況

株式

2020/11/30 17:43

 あす12月1日の東京株式市場は、強弱感対立か。11月30日の主要株価指数は、前週までの急ピッチな上昇に対する反動から下落し、材料面でのフォローがないと高値警戒感が尾を引く可能性がある。一方、9月中間配当金の配当再投資観測や、買い遅れた投資家の押し目買い意欲は根強いとみられる。ただ、米国では感謝祭をすぎると休暇入りするプレーヤーが多くなり、海外投資家がけん引する相場は一休みとの読みも出ている。

 今週は、米国で1日に11月ISM(サプライマネジメント協会)製造業景況指数、2日に11月ADP(オートマチック・データ・プロセッシング)雇用統計、3日に11月ISM非製造業景況指数、4日には米11月雇用統計など重要経済指標が相次ぐ。結果を見極めたいとして様子見気分に傾くことも想定されるが、景気回復ペースが鈍化する内容となれば、上値抑制要因として意識されよう。

 30日の日経平均株価は5営業日ぶりに大幅反落し、2万6433円(前週末比211円安)引け。朝方は、前週末27日の米国株高を受け、寄り付き直後に190円近く上昇する場面があった。一巡後は、直近連騰による高値警戒感から利益確定売りに傾き、下げに転じた。時間外取引の米ダウ先物安が重しとなり、下げ幅は一時230円を超えた。市場では、「高値水準でド陰線となり、調整入りの可能性がないとは言い切れず、あす以降の動向を見極めたい」(準大手証券)との声が聞かれた。

提供:モーニングスター社

関連記事

  • 個別銘柄のスポット情報(2)

    株式

    2020/11/30 17:17

     伊藤忠 堅調。大和証が27日付で、投資判断「1」(買い)を継続、目標株価を3300円から3500円に引き上げた。 恵和 急騰。27日に、12月17日付での東証2部から・・・…続き

  • 個別銘柄のスポット情報(1)

    株式

    2020/11/30 17:13

     MSCIリバランス MSCIの11月の構成銘柄の見直しに伴い、パッシブファンドによるリバランスが行われた。除外となったジェイテクトや浜ゴムに売りが向かった。日揮HD…続き

  • 個別銘柄のひと口情報

    株式

    2020/11/30 17:07

     大和コン 急反落。今7月期の第1四半期決算を発表し、連結営業利益は1億4000万円(前年同期比13.5%減)だった。IT投資予算の縮小やプロジェクトの延期の影響で収益が伸び悩んだ。一・・・…続き

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ