明日の日本株の読み筋=軟調な展開か

国内市況

株式

2021/4/8 17:01

 9日の東京株式市場は、軟調な展開か。日経平均株価は、足元でさえない動きが継続し、買いが先行した後に下げ転換するなど、上値の重さが意識される展開が続いている。21年3月期の決算発表の本格化を控え、模様眺めムードが広がりやすいなか、週末要因もあり、さえない展開となりそう。消去法的に個別株物色が中心になりそうだが、市場では「決算期待で買いが先行している銘柄もあり、選別色が強まりそうだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 8日の日経平均株価は、前日比21円81銭安の2万9708円98銭と反落して取引を終えた。時間外取引での米株価指数先物が上昇を維持し、中国・上海総合指数が午後に入り上げに転じたことを支えに、午後の取引終了間際には、プラス転換する場面もみられるなど、下げ幅を縮小した。東京証券取引所が8日引け後に発表した、3月第5週(3月29日-4月2日)の2市場1・2部等の投資部門別売買状況によると、金額ベースで海外投資家は895億円の買い越しで、2週ぶりに買い越しとなった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ