15日のPTS注目ポイント=要興業、ERIHD、ACSLなど

株式

PTS

2021/6/15 16:34

▽要興業<6566.T>、これまで未定としていた22年3月期の連結業績予想について、上期(21年4-9月)は売上高56億2500万円(前年同期比5.7%増)、営業利益4億2600万円(同35.7%増)、通期は売上高113億3400万円(前期比3.0%増)、営業利益9億200万円(同0.7%増)としている。

▽ERIHD<6083.T>、21年5月期の連結業績予想を修正。売上高は従来の145億4600万円から143億9700万円(前期比3.0%減)に減額したが、営業利益を2億7300万円から4億200万円(同22.2%減)に引き上げている。

▽ACSL<6232.T>、資本業務提携で日本郵政キャピタルが筆頭株主に。

▽白銅<7637.T>、株主優待制度の導入を決議。

▽サンネクスタ<8945.T>、21年6月期の期末配当予想を従来の15円から17円(前期は15円)に引き上げ、年間32円(同28円)配当としている。

▽タムロン<7740.T>、21年6月25日を予定日として、95万株(消却前の発行済株式数の3.66%)の自己株式を消却すると発表。

▽CARTAH<3688.T>、21年6月30日を予定日として、28万9420株(消却前の発行済株式数の1.1%)の自己株式を消却すると発表。

▽gumi<3903.T>、15日の終値892円で、16日午前8時45分の東証自己株式立会外取引において上限112万1000株(自己株式を除く発行済株式数の3.7%)の自己株式の買付委託を行うと発表。

▽トモニHD<8600.T>、15日の終値298円で、16日午前8時45分の東証自己株式立会外取引において上限67万9900株(自己株式を除く発行済株式数の0.42%)の自己株式の買付委託を行うと発表。

▽主な決算発表=ザッパラス<3770.T>

▽主な月次=ファンコミ<2461.T>、Jフロント<3086.T>、ジェネパ<3195.T>、ソフトウェア<3733.T>、スタメン<4019.T>、ダイキアクシ<4245.T>、イオンファン<4343.T>、エイジス<4659.T>、アトネイチャ<7823.T>、高島屋<8233.T>、ベルーナ<9997.T>

*午後16時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ