宝HLDが急落、16億円の特損を計上へ

株式

2021/6/21 12:42

 宝ホールディングス<2531.T>が急落。18日引け後に、宝酒造による製品の自主回収で約16億円の特別損失を22年3月期第1四半期(21年4-6月)に計上する見込みと発表したことが嫌気された様子。株価は前週末比70円安の1352円まで値を下げている。

 今回の特損計上により業績予想の修正は行わないが、22年3月期上期(21年4-9月)および通期の業績については、海外における料飲店市場の回復の早さなど、環境変化も含めて精査中のため、8月3日の第1四半期決算発表時に改めて公表する予定としている。

 午後零時39分現在の株価は59円安の1363円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ