FCC、ファイヤーサイドから薪ストーブ用触媒を新規に受注

株式

2021/9/14 15:52

 エフ・シー・シー(FCC)<7296.T>は13日、薪ストーブ・暖房器具の輸入卸販売などを手掛けるファイヤーサイド(長野県駒ヶ根市)から、薪ストーブ用触媒を新規に受注したと発表した。

 同社は、クラッチの摩擦材製造で培った抄紙技術を応用した排ガス浄化用触媒事業もてがけている。今回受注した製品は、他社従来品に対し2倍の除去・浄化性能(粒子状物質および一酸化炭素)と、レアメタル使用量80%減を実現するとともに、耐久性も向上させたという。

 14日の終値は、前日比22円高の1620円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ