11日の債券市場見通し=米CPIを受けた米債券安から円債も売りが先行か

債券

2021/11/11 8:09

予想レンジ:債券先物中心限月(2021年12月限)151円50銭-152円90銭、長期国債利回り0.050%-0.090%

 米CPIを受けた米債券安から円債も売りが先行か

 10日の債券先物は151円97銭まで買われたが、ここが高値に。その後の債券先物は151円90銭台の狭いレンジ内での動きとなり、引けは5銭高の151円92銭。10年債利回りは0.055%。

 現地10日に発表された10月の米CPI(消費者物価指数)の上昇率は前年同月比6.2%に加速し、米債券は大きく売られ、米長期債利回りは一時1.6%に接近した。ナイトセッションの債券先物は151円74銭。債券先物は売りが先行か。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ