ノムラシスが一時急伸、21年12月期業績予想の上方修正と期末一括配当予想の増額で買い人気

株式

2022/1/17 10:56

 ノムラシステムコーポレーション(ノムラシス)<3940.T>が急伸し、一時25円高の280円を付けている。前週末14日引け後、21年12月期の単体業績予想の上方修正と、期末一括配当予想の増額を発表、買い人気を集めた。

 21年12月期業績予想で、売上高を27億円から27億9100万円(前期比9.9%増)に、営業利益を3億7100万円から4億7600万円(同27.6%増)に引き上げ、一転して営業増益となる見込み。売上高が、FIS(一次請け)が堅調に推移したものの予想を下回ったものの、プライム(元請け案件)において、既存取引先の追加開発案件の新規受注により計画を上回る見込み。利益面では、粗利益率が高いプライムの売上高が計画を上回ったことが寄与する。期末一括配当予想は、従来の5.5円から6.5円(前期実績5.5円)に増額するとした。

 午前10時55分時点の株価は、前週末比5円高の260円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ