USMH、4月既存店売上高は前年同月比3.4%減、2カ月連続で前年を下回る

株式

2022/5/16 16:05

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)<3222.T>は16日午前10時、4月の月次売上情報(速報)を発表した。既存店売上高は前年同月比3.4%減と2カ月連続で前年を下回った。客数は同3.2%減、客単価は同0.2%減だった。

 同社によると、4月は主に寒暖差の影響を受けたという。東京では、月初に寒の戻りで10度を下回ったが、翌週には台風1号が発生し北上とともに気温が上昇。以降は25度を越える夏日もある一方、夕方の豪雨で客数が減少する日も目立ったという。商品面では、これまでと同様、家庭内備向け商品である即席食品、冷凍食品に加え、簡便食の弁当や惣菜が伸長した。一方、生鮮食品は月後半の客数減の影響が大きく、厳しい状況だったという。

 16日の終値は、前週末比5円安の1082円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ