カイオムが一時急騰、がん治療用抗体の第1相試験で第一例目の被験者へ投与

株式

2022/7/5 11:11

 カイオム・バイオサイエンス(カイオム)<4583.T>が急騰し、一時23円高の192円を付けている。4日引け後、同社が開発中のがん治療用抗体「CBA-1535」の第1相試験において、第一例目の被験者への投与が開始されたと発表、材料視された。

 今回試験では、固形がんの患者様を対象に「CBA-1535」の安全性、忍容性、体内動態およびバイオマーカーを確認することに加え、後半パートではがん免疫療法薬ペムブロリズマブと併用して探索的な有効性も調べることを目的とする。同試験は、国立がん研究センター中央病院および静岡県立静岡がんセンターの2施設で実施されているという。

 午前11時10分時点の株価は、前日比1円高の170円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ