<米国株情報>バークシャー、第2四半期は最終赤字434億ドル

株式

2022/8/8 10:29

 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが6日、22年12月期第2四半期(4-6月)の決算を発表。最終赤字は437億5500万ドルの赤字(前年同期は280億9400万ドルの黒字)。希薄化後の1株当たり損失(EPS)はから2万9754ドルの赤字(前年同期は1万8488ドルの黒字)となった。株式投資損失が530億ドルに達した。

 株式投資部門を除いた、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比39%増の92億8000万ドル、希薄化後の1株当たり利益は6312.49ドルとなり、市場予想の5000ドル弱を上回った。

 現金および現金同等の資産額は6月末時点で1034億ドルとなり、3月末の1060億ドルからやや減少した。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ