今晩のNY株の読み筋=米7月CPIやFRB高官発言に注目

株式

2022/8/10 16:55

 10日の米国株式市場は、米7月CPI(消費者物価指数)が注目となる。市場予想の平均値は前月比0.2%上昇と、前月の1.3%上昇から大きく鈍化する見通し。予想通りならインフレのピークアウト観測が高まる可能性もあり、そうなれば株式市場にとってはプラスだろう。

 ただ、物価関連の指標ではPCE(個人消費支出)デフレーターも重要な指標のひとつ。最近はFRB(米連邦準備制度理事会)高官からも大幅利上げに前向きな発言も聞かれている。きょう発言機会のあるエバンズ米シカゴ連銀総裁やカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は22年のFOMC(米連邦公開市場委員会)の投票権を持たないが、発言内容には注目しておきたい。

<主な米経済指標・イベント>

米7月CPI(消費者物価指数)、米7月財政収支

エバンズ米シカゴ連銀総裁やカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が発言

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ