<今日の仮想通貨市況>BTC2万ドル割れ、パウエル議長講演受けてリスクオフ

仮想通貨

2022/8/29 9:29

 29日午前9時25分現在の暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=271万円前後(過去24時間比1.5%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=19万8000円前後(同3.6%安)、XRP(XRP)が1XRP=44.5円前後(同3.3%安)となっている。

 パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が26日、米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれた経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で講演し、利上げの継続などタカ派的な姿勢を示し、株安に連動するかたちでリスク回避の売りが優勢となった。ビットコインは2万ドルちょうど近辺でいったん下げ止まったものの、29日早朝になって売り圧力が強まると同水準を明確に割り込み、7月中旬以来の安値を付けた。

 パウエル議長はジャクソンホール会議での講演で、インフレ率を物価目標の2%上昇まで引き下げるまで金融引き締めを継続する考えを示した。市場では、3%程度に落ち着けば利上げ政策をいったん停止するとの見方があった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ