あすか薬が大幅反発、開発中の子宮筋腫治療剤が第2相用量設定試験で良好な結果

株式

2019/11/20 10:11

 あすか製薬<4514.T>が大幅反発し、一時170円高の1330円を付けている。19日引け後、同社が国内で開発中の子宮筋腫(しゅ)治療剤「CDB-2914(ウリプリスタル)」の第2相用量設定試験の結・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ