大有機化が急反発、東海東京証は新規「アウトパフォーム」に

株式

2020/1/21 9:07

 大阪有機化学工業<4187.T>が急反発し前日比4.5%高の1860円を付けた。東海東京証券は新規に投資判断を3段階中最上位の「アウトパフォーム」としている。

 同証券は20日付で大有機化をカバレッジ。EUV(極端紫外光リソグラフィー)を含む最先端レジスト原料が営業増益をけん引するとみて2840円の目標株価を付した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ