USMHが続落、20年2月期の連結業績予想を下方修正

株式

2020/2/26 16:05

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)<3222.T>が続落し、24円安の909円を付けた。25日引け後、20年2月期の連結業績予想を下方修正し、嫌気された。

 20年2月期業績予想で、売上収益を7100億円から6895億円(前期比0.7%減)に、営業利益を127億円から85億円(同28.0%減)に引き下げ、一転して減収減益となる見込みとした。売上収益は、同業やディスカウントストア、ドラッグストアなどの出店により競争環境が厳しくなっていることに加え、7月の天候不順、9月および10月の台風被害による休業や営業時間短縮、10月からの消費税増税などが影響した。利益面では、販管費のコントロール強化やセルフレジやミニセルフレジの導入、作業標準化などによる改善策を進めたが、営業収益の減少をカバーすることができなかった。

 26日の終値は、前日比1円安の932円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ