日経平均株価が下げ幅を拡大、心理的なフシ目の2万2000円を割り込む

国内市況

株式

2020/2/27 11:05

 27日前場の日経平均株価は、下げ幅を拡大し心理的なフシ目の2万2000円を割り込んだ。取引時間中に2万1000円台を付けるのは、19年10月11日以来、約4カ月半ぶり。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ