<個別株動向>ウィルズ、OKAYA、ソルクシーズ、アイケイケイ、東洋電機=30日後場

株式

2020/11/30 15:49

 ウィルズ<4482.T>―TKP<3479.T>とバーチャル株主総会の普及を目的とした販売提携契約を締結。前週末比83円高の1104円。

 OKAYA<6926.T>―キャパシタやノイズフィルタを手掛けることから、「ワイヤレス給電」の関連銘柄として物色の矛先が向かったもよう。前週末比38円高の428円。

 ソルクシーズ<4284.T>―SBI AntWorks Asia(東京都港区)と統合オートメーションプラットホームの販売で提携。前週末比29円高の1056円。

 アイケイケイ<2198.T>―未定としていた20年10月期の連結業績は赤字転落を見込む、未定としていた期末一括配当予想も無配(前期実績12円)に。前週末比37円安の617円。

 東洋電機<6505.T>―未定としていた21年5月期第2四半期(20年6-11月)と通期の連結業績予想は、大幅な減益を見込む。前週末比44円安の1105円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ