1日のPTS注目ポイント=JSB、ロックフィル、西松屋チェーン、そーせいなど

株式

PTS

2020/12/1 16:35

▽JSB<3480.T>、20年10月期の連結業績予想を上方修正。売上高を従来の471億2500万円から480億5000万円(前期比12.6%増)に、営業利益を37億3000万円から43億3000万円(同26.4%増)にそれぞれ引き上げている。

▽ロックフィル<2910.T>、21年4月期上期(20年5-10月)の連結営業利益は1億8600万円(前年同期比74.6%減)ながら、従来予想より3億9900万円改善。これを踏まえ通期の営業利益予想を2億1400万円から6億1300万円(前期比29.1%増)に引き上げている。

▽西松屋チェーン<7545.T>、21年2月期(20年2月21日-21年2月20日)の単体業績予想を上方修正。売上高を従来の1560億円から1590億円(前期比11.2%増)に、営業利益を85億円から107億円(同5.6倍)にそれぞれ引き上げている。

▽そーせい<4565.T>、バイオヘイブン社との新規低分子CGRP拮抗薬ポートフォリオに関するグローバルな研究開発提携およびライセンス契約を締結。

▽アスクル<2678.T>、21年5月期11月度(20年10月21日-11月20日)の単体売上高は、「BtoB事業」が281億6900万円(前年同月比10.0%増)、「LOHACO」が43億800万円(同18.3%増)で、合計は324億8200万円(同11.1%増)。

▽3Dマトリク<7777.T>、自己組織化ペプチド技術を用いた内視鏡用粘膜下注入材に関して、厚生労働省に改良医療機器(臨床なし・クラス3)の区分で製造販売承認申請を行ったと発表。

▽ココカラF<3098.T>、子会社2社が、合計3店舗の調剤薬局を譲り受けたと発表。

▽主な決算発表=伊藤園<2593.T>、ダイサン<4750.T>

▽主な月次=ワークマン<7564.T>、京都友禅<7615.T>、松屋<8237.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ