<米国株情報>バイアコムCBSが約3340億円の新株発行計画を発表―「パラマウント・プラス」に充当

株式

2021/3/26 10:20

 メディア・娯楽大手バイアコムCBS<VIAC>は24日、30億6000万ドル(約3340億円)の新株発行による資金調達計画を発表した。

 新株発行はセカンダリー・オファリング(追加的な普通株や優先転換社債の公募・売り出し)で、3月26日に募集が締め切られる。調達予定の30億6000万ドルのうち、19億3000万ドルが議決権のないクラスB普通株式、残りの11億3000万ドルが普通株に転換可能なシリーズA強制転換条項付優先株となっている。

 同社は傘下に映画制作大手パラマウント・ピクチャーズを持っており、4日にストリーミング動画配信サービス「パラマウント・プラス」を立ち上げたばかり。調達した資金は映画などの動画コンテンツの拡充などに充当する方針だ。ただ、証券大手バンクオブアメリカ・メリルリンチは24日付の顧客向けリポートで、ネットフリックス<NFLX>やウォルトディズニー<DIS>の「ディズニー+(プラス)」などの競合大手他社との激しい市場競争を勝ち抜くのは難しいと懸念を示している。

 また、資産運用大手アライアンス・バーンスタインは、「バイアコムCBSの株価は割高だ」と指摘したうえで、「本業(ケールテレビ・衛星放送事業)にしのぎ切れるか分からないほどの逆風が吹いているときで、新たな資金調達で何十億ドルも無駄にする可能性がある」と否定的だ。

 パラマウント・プラスは通常コースが月額4.99ドル、プレミアムコースが9.99ドルと、2本建てになっている。海外市場での展開も予定されているが、具体的な日程は明らかにされていない。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ