<米国株情報>マクドナルド、3カ月以内に1万人を新規採用―時給引き上げも

株式

2021/5/18 10:19

 マクドナルド<MCD>は13日、夏の繁忙期やアフターコロナにおける休業店舗の再開に備えるため、今後3カ月以内に1万人の従業員を新規採用する計画を明らかにした。また、約3万6500人の直営店の従業員を対象に、今後数カ月で時給を平均10%引き上げる方針。ただし、全店舗(1万4000店)の95%を占めるフランチャイズチェーン加盟店は今回の賃上げの対象外とした。

 米国では新型コロナウイルスのワクチンが普及するとともに新規感染者数や死者数が減少傾向にあり、経済活動の正常化期待から小売業を中心に賃金引き上げや各種手当ての支給などによる雇用対策を打ち出し、人材の確保を急いでいる。

 メキシコ料理専門のファストフード大手チポトレ・メキシカン・グリル<CMG>も10日、夏までに新規採用する従業員規模を従来の1万5000人から2万人に拡大した上で、6月末までにレストラン部門の従業員の時給賃金を平均で15ドルに引き上げるほか、200-750ドルのボーナスを支給するなどの雇用促進対策を明らかにしている。小売最大手ウォルマート<WMT>や会員制倉庫型店舗チェーン大手コストコ・ホールセール<COST>も3月に時給を引き上げている。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ