巴工業、自律的に遠心分離機の運転制御を行うデカンタ自動運転制御システム「セントニオ」を発売

株式

2021/7/28 16:32

 巴工業<6309.T>は27日、分離した処理物の画像や各種センサーの数値を基にAI(人工知能)が自律的に遠心分離機の運転制御を行う新しいデカンタ自動運転制御システム「セントニオ(CentNIO)」の発売を開始すると発表した。

 開発したデカンタ自動運転制御システム「セントニオ」は、脱水後の固形物や分離液を常時監視しAIが自動解析し運転制御に反映するシステム。含水率の低減や処理量の最大化など予め設定した優先項目に従い、熟練技術者が操作するように遠心分離機を継続的に最大性能で運転することが可能になる。また、遠心力の最適化による省エネ、薬注率の最適化によるコスト低減、処理量の最大化による生産性向上が実現できるという。

 28日終値は、前日比14円安の2307円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ