29日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、109円台後半でもみ合いか

為替

2021/7/29 8:27

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円50銭-110円20銭

 29日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=109円台後半でもみ合いとみる。FOMC(米連邦公開市場委員会)ではテーパリング(量的金融緩和の段階的縮小)についての議論が前進したと受け止められたものの、時期について言及がなく、ドル・円は米長期金利の動きに振らされる形で乱高下した。全体としてはタカ派的な内容と捉えられていることからドル・円は底堅く推移するとみられる。一方、国内外での新型コロナウイルス変異株の感染拡大を嫌気したリスクオフの円買いは上値を抑えそうだ。

<主な経済指標・イベント>

国内:対外・対内証券売買契約

北米:米4-6月期GDP(国内総生産)速報値、米新規失業保険申請件数

欧州:独7月失業率、独7月CPI(消費者物価指数)、ユーロ圏7月消費者信頼感指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ