<米国株情報>FDA諮問委、ファイザー製ワクチンのブースター接種は65歳以上を推奨

株式

2021/9/21 10:17

 FDA(米食品医薬品局)のワクチン・関連生物製剤に関する諮問委員会は17日、医薬品大手ファイザー<PFE>が開発した新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)について、「65歳以上の高齢者と基礎疾患者を対象に使用することを推奨する」とした。経済情報専門サイトのマーケットウォッチなどが伝えた。

 ファイザーは16歳以上に幅広く投与する方向で使用許可を申請していたが、諮問委員会はこれを拒否した。バイデン政権は20日からブースター接種の開始を目指しており、FDAへの承認圧力が強まっている。FDAが最終判断を示すが、諮問委員会の結果に必ずしも従う必要はない。

 イスラエル保健省の臨床試験では、18歳から55歳までの306人を対象に行った経過観察の結果、ワクチンの有効性が約95%に回復し、安全性についても問題はないとされた。ただ、同保健省の調査結果は、正式な臨床試験の水準では行われていない。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ