オリンパス、高周波焼灼電源装置を発売

株式

2021/11/25 16:14

 オリンパス<7733.T>は24日、医師の求める切開・凝固性能を、手技に応じて簡単に選択し、出力できる高周波焼灼電源装置「ESG-150」を同日から国内で発売すると発表した。

 今回発売する「ESG-150」は、高周波治療のさまざまな手技に対応した電源装置。手技や医師のニーズに合わせて内視鏡処置具に供給する電力を制御し、切開・凝固性能を調節できるという。

 25日の終値は、前日比23円高の2580円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ