デンソーが続伸、愛三工にFPMの開発・生産・販売の一連事業を譲渡

株式

2022/1/18 15:55

 デンソー<6902.T>が続伸し、113円高の9995円を付けた。17日引け後、愛三工業(愛三工)<7283.T>に、フューエルポンプモジュール(FPM)の開発・生産・販売の一連の事業を譲渡する契約を締結したと発表、材料視された。

 今回の事業譲渡価額は190億8100万円。譲渡実行日は22年8月1日を予定していることから、同社の22年3月期連結業績予想への影響は軽微としている。今後も同社と愛三工は、引き続き連携をしながら互いの強みを生かすことで、地球にやさしいモビリティー社会の実現を目指す。

 18日の終値は、前日比130円安の9752円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ