23日のPTS注目ポイント=塩野義薬、SFJ、HUGHD、四国化など

株式

PTS

2022/6/23 16:33

▽塩野義薬<4507.T>、5月11日開示の自己株式の取得ならびに消却の実施について株主総会で承認

▽ココペリ<4167.T>、自社株買いを決定、ストック・オプション(新株予約権)発行

▽MSOL<7033.T>、自社株買いを決定

▽オーケー食<2905.T>、自己株式の消却を決定

▽SFJ<9206.T>、5月度の国内線・全路線合計で旅客数2.18倍

▽HUGHD<4544.T>、連結子会社の富士レビオ・ホールディングス(東京都新宿区)傘下のFRE社(ベルギー)はこのたびADx社(同)の全株式を取得する契約を締結、アルツハイマー病領域およびCDMO(医薬品受託製造)戦略を強化

▽四国化成<4099.T>、丸亀工場(香川県丸亀市)内に新プラントを建設、徳島工場北島事業所(徳島県板野郡)内の旧プラントを活用し生産能力増強へ

▽ジーニー<6562.T>、自社開発・運営の国産デジタル屋外広告プラットホーム「GENIEE DOOH」がトラストワイズプロダクション(東京都港区)と新たに連携を開始

▽理経<8226.T>、中期経営計画で最終年度の25年3月期に連結営業利益3億2000万円(前期実績は2億4800万円)を目指す

▽デュアルタプ<3469.T>、販売用不動産売却へ

▽ディアライフ<3245.T>、マンション開発用地を取得

▽キッズウェル<4584.T>、第三者割当による第4回無担保転換社債型新株予約権付社債ならびに第15回新株予約権の発行

▽CYBOZU<4776.T>、22年12月期の連結業績予想を修正し一転して営業・経常赤字を見込み、5月は売上高24.5%増、営業利益7.1%増

▽オプトエレク<6664.T>、第2四半期累計(21年12月-22年5月)の連結決算で営業利益60.6%減

▽サンコール<5985.T>、ニッパツ<5991.T>が特許権侵害に基づく同社製品の製造・販売等の差止請求および損害賠償請求

▽瑞光<6279.T>、第1四半期決算(22年2月21日-5月20日)発表を延期

▽フォシズHD<3726.T>、D+Sイフェクティブアロマスプレーシリーズ(化粧品)の成分表示記載漏れ

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ