今晩のNY株の読み筋=パウエルFRB議長の議会証言通過後はもみ合いか

株式

2022/6/23 17:01

 23日の米国株式市場は、米利上げ観測や米金利動向にフレやすく、もみ合う展開か。

 前日22日、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が米上院での議会証言で、米景気後退のリスクの可能性を認めつつも、利上げ継続の必要性を主張。ややタカ派的との見方が広がり、主要3指数はそろって反落した。

 きょう23日は、パウエル議長の米下院での議会証言がある。半期ごとに行われるこのイベントは、傾向として初日の注目度が高く、2日目は前日と大差のない見解が示されるケースが多い。材料出尽くしでも債券市場が反応し米利上げ観測に強弱感が出れば、株式市場にも影響が及ぶかもしれない。ただ、新味のない無風通過となる可能性もあるので注意したい。

<主な米経済指標・イベント>

アクセンチュア、ダーデン・レストランツ、フェデックスなどが決算発表予定

6月総合PMI(購買担当者景気指数)、1-3月期経常収支、新規失業保険申請件数、パウエルFRB議長が米下院金融サービス委員会で証言

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ