米国株式市場:CPI発表を控え様子見、NYダウ続伸、ナスダックは続落

株式

2022/8/9 7:46

 8日の米国株式は、NYダウが前週末比29.07ドル高の3万2832.54ドルと続伸、ナスダック総合指数は同13.096ポイント安の1万2644.459ポイントと続落して取引を終了。出来高概算は、NY市場が8億4589万株、ナスダック市場が50億1723万株だった。

 前週末の堅調な雇用情勢により、金融引き締め策が継続するとの見方が継続。10日に発表される米7月CPI(消費者物価指数)を控え方向感に欠けるなか、様子見姿勢が強まった。ハイテク株比率の高いナスダック市場では、業績予想の下方修正を発表したエヌビディアをはじめ、アドバンスド・マイクロ・デバイシズやアプライド・マテリアルズなどが下落した。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、8日の大阪取引所清算値比115円安の2万8125円だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ