<個別株動向>ピアズ、タカラBIO、ACSL、関電化、フォーライフ=6日後場

株式

2022/12/6 15:12

 ピアズ<7066.T>―エンタメテック事業を展開するPort(東京都渋谷区)と資本・業務提携。前日比100円ストップ高配分の783円。

 タカラBIO<4974.T>―6日付の日本経済新聞は、同社が滋賀県草津市の本社敷地内に新工場を建設すると報じる。前日比64円高の1815円。

 ACSL<6232.T>―5日に開始された無人航空機(ドローン)の型式認証制度において、第一種型式認証を申請。前日比182円高の1900円。

 関電化<4047.T>―東海東京調査センターは5日付で、投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に、目標株価を1220円から1050円に引き下げ。前日比25円安の988円。

 フォーライフ<3477.T>―16万株の立会外分売が実施され、短期的な需給関係の悪化を警戒。前日比19円安の635円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ