グロバル社が続伸、未定としていた業績予想で通期は営業増益の見通しを示す

株式

2019/11/19 15:56

 THEグローバル社(グロバル社)<3271.T>が続伸し、前日比31円高の498円を付けた。18日引け後、未定としていた20年6月期第2四半期(19年7-12月)と通期の連結業績予想を発表。第2四半期は赤字が続く見込みながら、通期では営業増益の見通しを示し、好感された。

 第2四半期業績は、売上高67億400万円(前年同期比0.8%増)、営業赤字16億3500万円(前年同期は8億3800万円の赤字)を予想。通期は、売上高475億3600万円(前期比32.5%増)、営業利益24億8400万円(同7.7%増)を見込む。主に下半期(20年1-6月)において、ホテル販売および収益物件販売の金額増加で、増収を見込む。利益面では、ホテル運営費用を主因として費用の増加を見込んでいる。配当は、従来予想の期末一括配当25円を据え置いている。

 19日の終値は、前日比6円高の473円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ