豊田合成、グループ会社が工場で再生可能エネルギー由来の電力を導入

株式

2020/4/7 16:31

 豊田合成<7282.T>は6日、グループ会社の豊田合成九州が、二酸化炭素削減の一環として、工場で再生可能エネルギー由来の電力を導入すると発表した。

 今回新たな取り組みとして、豊田合成九州の佐賀工場と本社工場の一部で、九州電力<9508.T>の再生可能エネルギー電源(水力、地熱)を活用した「再エネECOプラン」を導入した。これにより豊田合成九州の二酸化炭素排出量を年間で約3600トン削減するとともに、電気料金の一部が水力や地熱発電の充実に活用されることで、環境にやさしいクリーンエネルギーの普及に寄与するという。

 7日の終値は、豊田合成が前日比62円高の1753円、九州電力が同2円安の876円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ