14日の債券市場見通し=堅調な展開か

債券

2020/10/14 8:27

予想レンジ:債券先物中心限月(20年12月限)151.90円-152.10円、長期国債利回り0.020%-0.025%

 14日の債券市場は、堅調な展開か。

 前日の米債券市場は続伸となった。新型コロナウイルスワクチン開発を巡る不透明感に加え、米株式相場が5営業日ぶりに反落し、債券買いを誘った。

 国内市場では、前日の米国債高や、先物・夜間取引の堅調さを背景に、買い優勢の展開になりそうだ。

 市場では、「超長期ゾーンへの押し目買いが強まりそうだ。中・長期ゾーンは、日銀・長期国債買い入れオペが支えとなろう」(銀行系証券)との見方。日経平均株価が軟調に推移することや、米長期金利の低下(債券価格は上昇)が、日米金利差の縮小観測を強め、円債を支える展開となりそうだ。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ